「ゼロから学ぶディジタル論理回路」正誤表

ページ 行・図番号
5820 論理式の簡略化でき 論理式の簡略化ができ
9110 図4.20 図4.21
92-9410 (マスタスレーブ式DFFの動作)(このDFFはCの「立下り」で動作します)
11428 図6.59 図4.59
115図4.59 現状態・次状態: S2=11, S3=10 現状態・次状態: S2=10, S3=11
11510 図6.59 図4.59
11910 S'1 = /R・/S1・S0 + R/R・S1・/S0 S'1 = /R・/S1・S0 + /R・S1・/S0
1161 紹介してきます 紹介しておきます
1761 図5.9 図6.9
1762 図5.10 図6.10
1773 のうちで「1」ある のうちで「1」である
17712 (6.6)式 (p.17626行目の式のことです)
177図6.13 (ciから右へ伸びる信号線) (下の3入力ANDに至る信号線への分岐に接続点を追加)
1953 メモリA メモリB
1954 メモリB メモリA
214 (例題の解答例) (図がない) 解答例の図
ご指摘いただいたみなさまに、この場をお借りしてお礼を申し上げます。