FrontPage のバックアップ差分(No.57)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[English Page>FrontPage_e]]

* お知らせ [#t5a6e333]

- (2014/5/31) 秋田教員が動画[[LED点滅用のLSIをつくってLチカをやってみた(ニコニコ動画)>http://www.nicovideo.jp/watch/sm23660093]]を公開しました。/ [[(同一内容YouTube)>https://www.youtube.com/watch?v=A188CYfuKQ0]] / [[英語字幕(YouTube)>https://www.youtube.com/watch?v=Pt9i2ABe_mE]]
→(2014/6/6) [[Make:Japanのblog>http://makezine.jp/blog/2014/06/l-chika-lsi.html]]で紹介されました。

- (2014/4/24) 2014/4/22の[[第18回アナログVLSIシンポジウム>http://ieej.vlsi.ee.noda.tus.ac.jp/ect/symp/symp2014.html]]で、秋田教員がパネル討論「アナログ回路の新しい流れ」で登壇しました。→[[ポジショントークのスライド>http://www.slideshare.net/junichiakita9/ss-33823903]]

- (2014/4/6) M2(当時)の中村優希さん、川上隼斗君、五十嵐覚君他の論文が映像情報メディア学会の英文論文誌[[ITE Transactions on Media Technology and Applications(Vol.2, No.2)>https://www.jstage.jst.go.jp/browse/mta]]に掲載されました。

- (2014/2/22) 2014/2/22の[[映像情報メディア学会メディア工学研究会>http://www.ite.or.jp/ken/program/index.php?tgs_regid=62bbbc935f9923b1b9f9e38380fad6ce4a2ea2588a367a2b0d04a59fd0e484c0&tgid=ITE-ME&lang=]]にて、B4井崎千尋さんが優秀発表賞を受賞しました!


- (2014/2/19) 2014年度の卒研配属は4月上旬に始まる予定です。当研究室(ifDL)へ興味がある人で見学や内容を聞きたい人はぜひ秋田までご連絡ください。

- (2014/1/24) [[インタラクション2014>http://www.interaction-ipsj.org/2014/index.html]]にて、M2川上隼斗君他が一般講演(ロング)発表します。「サッケード追尾可能な視線計測カメラの開発とそれを用いるインタラクションの可能性」

- (2014/1/24) [[インタラクション2014>http://www.interaction-ipsj.org/2014/index.html]]にて、以下の6件のインタラクティブ発表(うちプレミアム枠2件)をします。
-- M2川上隼斗君・M1笹田裕太君「サッケード追尾可能な視線計測カメラの開発とそれを用いるインタラクションの可能性」(一般講演ロングから)
-- M2川崎基輝君「2色での入力・表示可能なマトリクスLEDブロックを用いたタンジブルなプログラミング教材」(プレミアム枠)
-- M2河崎泰孝君「ユーザの操作履歴とポインティング動作を用いた機器操作リモコン」
-- M2正谷智広君「探索行動に基づく形状知覚装置における情報提示方法の検討」(プレミアム枠)
-- M1矢敷貴之君「電力重畳通信機能を持つブロック型デバイスとその実装」
-- B4高田万里江さん「可視光により機能設定が可能なタンジブル家電操作リモコン」

- (2014/1/24) [[電子情報通信学会・MEとバイオサイバネティックス研究会>http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=376c1c5a5525e7d39bc18940be9e96fab790c95a292ea92f09e361e959c1c642&tgid=IEICE-MBE&lang=]]にて、B4平野貴之君が「筋電信号の多点計測のためのマトリクス電極配置アーキテクチャとその実装」の研究発表をします。

- (2014/1/24) [[映像情報メディア学会メディア工学研究会>http://www.ite.or.jp/ken/program/index.php?tgs_regid=62bbbc935f9923b1b9f9e38380fad6ce4a2ea2588a367a2b0d04a59fd0e484c0&tgid=ITE-ME&lang=]]にて、M2中村優希さん「擬似的不規則画素配置によるジャギー低減のための画素構造の検討」とB4井崎千尋さん「擬似的不規則画素配置を用いたディスプレイシステムの評価」の研究発表をします。
- (2014/1/24) [[STARCシンポジウム2014>https://www.starc.jp/events/sympo2014/]]で、M1笹田裕太君がポスター発表します。「急速眼球運動対応の視線検出システム向けCMOSイメージセンサ」
- (2014/1/24) [[電気学会・電子回路研究会(1/23-24@金沢)>http://ieej.vlsi.ee.noda.tus.ac.jp/ect/ectp/2014/p14-01-23.html]]での[[秋田教員の招待講演「電子回路の民主化とその実践」のスライド>http://www.slideshare.net/junichiakita9/ss-30293539]]を公開しました。

- (2013/12/28) [[コミックマーケット85>http://www.comiket.co.jp/info-a/C85/C85info.html]]にて、M2の川上隼斗君・小島有貴君が技術サークル[[「テクノアルタ」>https://sites.google.com/site/technoartha/]]として製作ハードウエアの展示販売を行います。
- (2013/12/21) [[電気学会・電子回路研究会(1/23-24@金沢)>http://ieej.vlsi.ee.noda.tus.ac.jp/ect/ectp/2014/p14-01-23.html]]において,秋田教員が招待講演「電子回路の民主化とその実践」と研究発表「素子ごとの独立モデルによる回路シミュレーション」

- (2013/12/18) [[UbiquitousWearableWorkshop2013>http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/uww2013/]]で、M2の小島君と秋田教員が発表してきます。「自律移動ロボットのための回転型指向性アンテナを用いた屋内無線位置推定手」「デバイスをマテリアル化するアイディア」

- (2013/12/16) 本学先端科学・イノベーション推進機構主催の[[平成25年度アントレプレナーコンテスト>http://www.o-fsi.kanazawa-u.ac.jp/event/detail.php?id=70]]にて、M2の川上隼斗君・小島有貴君が最優秀賞を受賞「新しいプロダクトアウトの形『テクノアルタ』〜趣味から製品へ、プロトタイプで終わらせない〜」」

- (2013/11/23) Entertainment技術の国際会議[[ACE2013>http://www.advancesincomputerentertainment.org/]]で、M2のNguyen君がCreativeShowcaseで発表"Interactive Block Device System with Pattern Drawing Capability on Matrix LEDs"

- (2013/11/06) 2013/11/3-4に日本科学未来館で開催されるMaker Faire Tokyoにマイコンブと学生有志サークルTechnoAltaが出展しました。[[ifDLブログ>http://ifdl.ec.t.kanazawa-u.ac.jp/blog/?p=440]]
- (2013/11/4) [[第30回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム>http://www.sensorsymposium.org/]]で、秋田教員が招待講演「ユーザ参加型センシングシステムの可能性」→[[スライド>http://www.slideshare.net/junichiakita9/ss-27951299]]
-(2013/07/28) 学類研究室対抗ソフトボール大会「松村杯」で、北川研(MeRL)との合同チーム「進撃の貴之」が3位に入賞しました。
-(2013/07/03) 秋田教員が[[電子情報通信学会集積回路研究会(ICD)(2013/7/4-5@函館)>http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=6aa7167f2ba02385a144293465c648dbb820e987b59bbc6845f6a4ee99b2d7a8&tgid=IEICE-ICD&lang=jpn]]で招待講演します(「「部品」としてのマイコン・半導体」)。発表資料は後日公開予定です。
→(2013/07/16)資料公開しました:[[「マテリアルとデバイスとマイコン」>http://www.slideshare.net/junichiakita9/mcu-fun1307]]/[[「「部品」としてのマイコン・半導体」>http://www.slideshare.net/junichiakita9/mcu-icd1307]]


-(2013/06/25) 「作ってみた」の祭典[[「NT金沢2013」>http://xrl.us/ntkanazawa]]特設Webサイトを公開しました。ifDLもマイコンを使った電子工作などを展示予定です。
- (2013/06/24) [[映像情報メディア学会 情報センシング研究会>http://www.ite.or.jp/ken/program/index.php?tgs_regid=9ee30072ee8b08338ac409edd742cb1d01f9e183314e0bc6652165d3de065c15&lang=]]で、M1坂口君とM1笹田君が発表(「画素ごとの独立時間軸系での動き検出アルゴリズム」・「急速眼球運動対応の視線検出Vision Chipの速度仕様」)
- (2013/06/12) [[International Image Sensor Workshop 2013>http://www.imagesensors.org/Current%20Workshop/2013%20Main%20page.htm]]で、M2川上君がポスター発表 ("Column-Parallel Architecture for Line-of-Sight Detection Image Sensor based on Centroid Calculation ")
- (2013/06/12) [[トランジスタ技術2013年7月号>http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/680/Default.aspx]]で、秋田教員に解説記事とコラムが掲載されました(「徹底研究! 元祖PSoC 1のハードウェア」)
- (2013/06/12) 「作ってみた」の祭典[[NT金沢2013」>http://xrl.us/ntkanazawa]](http://xrl.us/ntkanazawa )にifDLでは運営としても参加しています。特設Webサイトを近日公開予定です。
- (2013/04/15) 2013/4/13(土)の3Dプリンタを使った「Make MAKERSワークショップ」の[[写真などの報告>http://www.facebook.com/events/506495182720399/]]を簡単にまとめてみました。

[[過去のお知らせ]]

* 研究室の概要 [#c11b2745]

ifDL (interface Device Laboratory)は、
いろいろなものや人をつなぐインタフェースについて、
デバイスのレベルから取り組んでいます。
詳細は[[研究室の概要]]をご覧ください。

- [[研究テーマ]]
-- 研究パンフレット(A4版両面印刷し3つ折りにしてご利用ください)
--- (2014年度版)
#ref(ifDLpamph14.pdf)
--- (2013年度版)
#ref(ifDLpamph13.pdf)
--- (2012年度版)
#ref(ifDLpamph12.pdf)

-- [[研究成果]]
-- [[卒論・修論]]
- [[メンバ]]
- [[アクセス]]
- [[研究室の様子]]
- [[研究室で所蔵している本(私物含む)(librizeページ):http://librize.com/ifdl]]
- [[マイコンブ:http://ifdl.ec.t.kanazawa-u.ac.jp/micon-bu/]]
- ロゴ(CMOS0.6um LSIのメタル配線で描きました(2012/9))
#ref(ifDL_logo_1209.jpg,,20%)



* 関連リンク [#zcdce46e]
- [[金沢大学 集積回路工学研究室(北川研):http://merl.ec.t.kanazawa-u.ac.jp]]
- [[金沢大学 VLSIシステム研究室(松田深山研):http://mics.w3.kanazawa-u.ac.jp/]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS