研究テーマ の変更点

Top / 研究テーマ

* 現在進行中のテーマ [#y0920adb]
現在は主に以下のテーマに取り組んでいます。

**導電布を用いるウエアラブル・ネットワークと生体信号計測への応用 [#w76d331a]

コンピュータを身につけるウエアラブルコンピュータや、 身の回りのあらゆるものにコンピュータが存在する ユビキタスコンピュータの世界は、コンピュータシステムの新しい可能性を秘めています。 これらで常に問題となる「電源の供給方法」と「相互通信の方法」を、衣服や壁面は平面で表と裏の2面があることに着目し、 導電性布などの平面導体を表裏両面の+−極として使って電力重畳通信を行うシステムTextileNetを提案しています。またその応用として、高精度な筋電信号計測への応用も進めています。([[詳細>研究テーマ/TN]])

**空間的・時間的に擬似的不規則間隔サンプリング特性を持つ映像システム [#zaa8b174]

従来のディスプレイやイメージセンサ(撮像素子)を構成する画素(ディスプレイの光・色を発する領域、または 撮像素子の光を受ける領域)は、一般に格子状に並んだ規則的な配置をとります。 しかしこの配置では、特に傾きの小さい斜め線を表現するとき、 ギザギザ(ジャギー)が目立ってしまいます。
そこで、画素の中の「有効領域」の配置を、散らせる(疑似的な不規則配置)ことで、 ギザギザの目立たない図形表現が可能な ディスプレイや撮像素子を実現することを目的とします。 ([[詳細>研究テーマ/RP]])

**可視光による入出力インタフェース・デバイスとその応用システム [#i8db8546]

いろいろな機器を操作のしかたである「ユーザインタフェース」で、目に見える可視光を使うことで、ユーザが直接的・直感的に機器を操作できるインタフェースについて研究しています。具体的には、LEDをセンサとしても用いる可視光によるパターン情報入力と、操作対象機器を可視光で示す機器制御インタフェースなどについて研究しています。([[詳細>研究テーマ/LT]])

**身体行動と連動する空間知覚デバイス [#d65446d4]

人間がもっている五感というセンサと、腕や指というアクチュエータを 活用した、人間が主体的に関わることができる装置・システムについて研究しています。各センサやアクチュエータの精度を高める通常のアプローチではなく、あえて低精度なセンサ・アクチュエータでも、ユーザである人間が持つ制御能力と探索行動とうまく連動することで、まわりの空間を知覚することが可能なデバイス、いわば身体拡張デバイスに関する研究です。([[詳細>研究テーマ/FB]])

**画像処理機能をもつカメラとインタフェース・デバイスへの応用 [#z2fefab6]

一般に画像情報は情報量が多いため、処理時間と処理内容のトレードオフは難しい問題です。そこで、カメラ(イメージセンサ)から作ることができることを活用し、画像処理機能を内蔵したカメラ(イメージセンサ)に関して研究しています。これによって、超高速・超小型な画像処理システムが可能となり、その具体的応用例として視線検出カメラの研究を行っています。([[詳細>研究テーマ/VC]])

**音色情報の操作インタフェース [#f5a931f5]

音がユーザに与える印象などに着目し、特に「音色」と図形や印象語などの他の情報との関連と、それを使った音色操作インタフェースについて研究しています。([[詳細>研究テーマ/SS]])

* 近未来的・中長期的なアイディア段階のテーマ [#f0f3f2b0]

まだ具体的ではないものの、アイディア段階で、近未来的・中長期的に取り組んでいきたいテーマもあたためています。
- 画素ごとに独立・連続な時間軸をもつ画像システム(動画像はフレーム単位で扱うが、視覚系の画素である視細胞と視覚系は画素ごとに時間が同期していない点に着目し、画素ごとに独立・連続な時間軸を持つ画像システムによって、より視覚系に近い画像システムを目指す)
- コンピュータの上流と下流をつなぐ電子工作(ソフトウエアとハードウエアの分野の境界の明確化が進むと、ちょうど生物と化学の間のような知識体系・学問体系での分断が起こり、将来のコンピュータシステムの崩壊を危惧し、両者をつなぐ学問体系・知識体系としての電子工作・マイコンのあるべき姿について)
- Rough Information Processing(必ずしも高い精度が必要ではない場合に、高速・小規模・低電力に情報処理を行えるシステム構成。またはシステム構成要素が不完全またはバラツキがあっても、ある程度補完して機能する、いわば民主主義的コンピュータについて)

* 現在休止中のテーマ [#zb91cde8]

**音色情報の操作インタフェース [#f5a931f5]

音がユーザに与える印象などに着目し、特に「音色」と図形や印象語などの他の情報との関連と、それを使った音色操作インタフェースについて研究しています。([[詳細>研究テーマ/SS]])

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS