DRCスクリプト

WGexの「DRC」ボタンを押すと、カレントディレクトリ(最後にGeXファイルを読み込んだディレクトリ)にある drc.mdl ファイルが読み込まれ、その中にあるスクリプトに従ってDRCが実行されます。

簡単なデザイン例

PACTとNACTを含むDRCぎりぎりのデザイン例を示します。

drc_sample2.png

一番内側にある、NSLあるいはPSLと重なっているACTがNACTあるいはPACTになります。ACTは幅と間隔が4ミクロン以上である必要があります。スクリプト中では、以下のようなルールです。

#for (ACT) check_gap 4 [G] to (ACT)		; N/P-Diffusion
#for (ACT) check_width 4 [G] and_gap 4 [G]

また、ACTの領域は全てNSLまたはPSLのどちらかに重なっている必要があります。スクリプト中では、

#for (NSL & ACT) convert (ACT) to (CDN)	; N-diffusion
#for (PSL & ACT) convert (ACT) to (CDP)	; P-diffusion

というルールで変換されなかった部分が残っていると、最後の、

#for (ACT) warning  Isolated_Active_Error

というルールでチェックされます。

続いて、NSLとPSLについてはさらに、

#for (CDN)      make_oversize 2 [G] as (ACO)
#for (ACO & !NSL) warning  Nsel_Nact_Overlap_Error
#for (CDP)      make_oversize 2 [G] as (ACO)
#for (ACO & !PSL) warning  Psel_Pact_Overlap_Error

というルールで、ACTよりも2ミクロンの余裕をもって大きい必要があります(このルールが入った drc.mdl ファイルについては5月1日のメールを確認してください)。それ以上は論理的なものであるので直接の制限はあまりありません。幅が8ミクロン以上あること、と、NSLとPSLが重なっていないこと、というルールがある他は、図からもあきらかなように、ウェルとの関係などにはルールがありません。ルールは以下の通りです。

#for (NSL) check_width 8 [G] and_gap 0 [G]
#for (PSL) check_width 8 [G] and_gap 0 [G]
#for (NSL & PSL) warning  Nsel_Psel_Overslap_Error

NACTとPACTは、チャネルストップ(CST)で囲まれている必要があり、さらにマージンが3ミクロン必要です。以下のようなルールになっています。

#for (CDN)	make_oversize 3 [G] as (ACO)
#for (ACO & !CST) warning  ChStp_Nact_Overslap_Error
#for (CDP)	make_oversize 3 [G] as (ACO)
#for (ACO & !CST) warning  ChStp_Pact_Overslap_Error

チャネルストップはウェル(NWLかPWL)で囲まれている必要があり、さらにマージンが2ミクロン必要です。以下のようなルールになっています。

#for (CST)	make_oversize 2 [G] as (CSO)
#for (CSO & !NWL & !PWL) warning  Well_ChStp_Overslap_Error

(続く?)


添付ファイル: filedrc_sample2.png 606件 [詳細] filedrc_sample1.png 370件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-20 (水) 20:35:32 (2820d)