寺西信一氏のProgress Medal受賞

パナソニック(株)セミコンダクター社の寺西信一氏(情報センシング 研究委員会委員長、本学会フェロー)が、 英国の王立写真協会(The Royal Photographic Society)より、 Progress MedalとHonorary Fellowshipを2010年9月9日に授与されました。

受賞理由は "for his pioneering involvement in the development of solid-state image sensors, especially the pinned photodiode"で、 特にCCDとCMOSセンサの両方で、ノイズ低減、暗電流低減、 残像抑制、電子シャッター、感度向上、飽和拡大と 大きな効果をもたらした技術である""the pinned photodiode"に関して 高い評価を受けました。

王立写真協会は1853年に設立され、 Progress Medalは1878年から始まった、 大変伝統ある賞であります。 日本人としては、1990年の富士フイルム(当時)の谷忠昭氏についで 二人目となる、大変名誉ある賞です。

ProgressMedal.jpg

添付ファイル: fileProgressMedal.jpg 304件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-02 (日) 11:11:31