研究テーマ/VC の変更点


イメージセンサ(受光素子)と処理回路を同一チップ上に集積し、 画素ごとの超並列処理系を構成するものを VisionChipと呼びます

* 高速眼球運動検出用VisionChip [#j4987e80]

この研究では、人間の眼の高速眼球運動(サッケード)を検出するための VisionChipの実現を目指します。 高速眼球運動(サッケード)はふだんは無意識でおこっていますが、 人間の意識や意図と深く関係していることが知られています。 つまりこれを検出できれば、新しい人間と機械の関わりあい (マン-マシンインタフェース)となる可能性があるわけです。 しかし高速眼球運動(サッケード)は非常に高速であるため、 運動の方向や速度まで検出することは、これまでの画像処理系では不可能でした。 それを、VisionChipで実現しよう、というわけです。

最近は、処理回路を列ごとに配置する「列並列処理」によって、 解像度を大幅に向上(640×480画素程度)する目処を得ています。

主な発表文献
* 主な発表文献 [#v877cdc4]

※最新の発表文献は[[研究成果]]をご参照ください

- J.Akita, H.Takagi, T.Nagasaki. M.Toda, T.Kawashima, A.Kitagawa, Vision Chip Architecture for Saccade Tracking, Proceedings of 2005 IEEE Workshop on Charge-Coupled Devices and Advanced Image Sensors, P23, pp.133-136, 2005.6.
- 高木宏章・秋田純一, 急速眼球運動対応の視線検出機能をもつVisionChipアーキテクチャ, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.29, Vo.34, IST2005-30, pp.17-20, 2005.6.
- 高木宏章・秋田純一, 急速眼球運動対応の視線検出機能を持つVision Chipの試作と評価, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.30, No.32, pp.17--20, 2006.6.
- J.Akita, H.Takagi, T.Nagasaki, M.Toda, T.Kawashima, A.Kitagawa, Vision Chip Architecture for Detecting Line of Sight Including Saccade, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E89-C, No.11, pp.1605-1611, 2006.11.
- 秋田純一・高木宏章・堂前圭祐・戸田真志・長崎健・川嶋稔夫, 急速眼球運動対応の視線検出機能を持つ列並列構成高解像度Vision Chipアーキテクチャ, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.31, No.3, pp.9-12, 2007.1.
- 堂前圭祐・北川章夫・秋田純一, 急速眼球運動対応の視線検出機能を持つ列並列処理構成高解像度Vision Chipの設計, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.31, No.28, pp.13-16, 2007.6.
- J.Akita, H.Takagi, K.Doumae, A.Kitagawa, M.Toda, T.Nagasaki, T.Kawashima, Column-Parallel Vision Chip Architecture for High-Resolution Line-of-Sight Detection Including Saccade, IEICE Trans. on Electronics, Vol.E90-C, No.10, pp.1869-1875, 2007.10.
- 堂前圭祐・秋田純一, 急速眼球運動対応の視線検出機能を持つ列並列処理構成高解像度Vision Chipの試作, 映像情報メディア学会技術報告, IST2008-20, pp.5-8, 2008.6.
- 野手翔太・堂前圭祐・秋田純一, 高速カメラとFPGAを用いた汎用列並列処理構成Vision Chipエミュレータ, 映像方法メディア学会技術報告, Vol.32, No.57, pp.33-36, 2008.12.
トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS