ifDL 作業日誌

近年、先輩方の知識・ノウハウが正しく引き継ぎされずに、失われていくことが目立ってきました。MeRL/ifDL内だけでなく、他大学でも問題が顕在化してきているようです。

自分で調べたことでも、しばらくたつと、調べたこと自体を忘れてしまい、また同じ検索・調査の手順を経て、結果として同じ情報ソースにたどりつく、という経験も、多くの人がしているのではないかと思います。

またマニュアル作りだけではカバーしきれない事もあります。例えば、マニュアルを作る過程で悩んだ事もたくさんあるはずですが、そういった内容はほとんどマニュアルには記述されていません。しかも、マニュアル作りはそれなりの労力を必要とします。

そこで、各個人で毎日少しずつ作業日誌を作ることを提案します。しかし、頑張りすぎる必要はありません。 頑張りすぎる=マニュアル作り となってしまうからです。それに、たとえわずかな内容でも、似たような問題を抱えていた人がいたことはわかり、それが解決の糸口に繋がるため、とても有意義です。

まずは少しずつでも、毎日書く習慣をつけましょう!!

作業日誌へのリンク

  • 研究生
    • 森田 諒?