Inkscapeでレイアウト設計

コメントはありません。 コメント/Inkscape?

お名前:

Inkscapeは、Adobe Illustratorに似たお絵かきツール(フリーウエア!)です。https://inkscape.org/ja/ などからダウンロードできます。Macでも使えますよ。

で、Inkscapeは、本来はお絵かきツールなわけですが、WGexの使い方を見ていただくとわかるように、LSI設計(レイアウト設計)は、基本的には、四角形を描くだけです。

というわけで、Inkscapeでレイアウト設計をしてみたいと思います。 (実例→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm24280073 or https://www.youtube.com/watch?v=NN1wNf66vXw)

※ここにおいてあるファイルは、GitHub?にも置いてあります→https://github.com/akita11/mklsi/tree/master/Inkscape

準備

Inkscapeをインストールしておきます。 Inkscape形式のデータからWGexで読めるデータ形式に変換するスクリプトをつくりましたが、これを使うためには、awkというツールが必要です。Windowsな方はCygwinあたりか、このあたりを参考に、Macの方はMacPort?あたりをお使いください(もしかしてMacはすでに入っているのかな?)

絵を描いてみよう

こちらのテンプレートをダウンロードしておいてください。

こいつをリネームして、この中のML2というところの色(青)だけ残して、ほかは削除しましょう。

fig1.png

あわせて、Inkscapeのグリッド設定を「6mm」にしておきます。

grid.png

これは、今回LSIをつくる製造プロセスでは、ML2(上の層のアルミ)の最小寸法・最小間隔が6umなので、そのサイズの正方形を単位として絵を描くためです。

で、さきほどの正方形を、グリッドに合わせて6mm四方のサイズに変形しておきます。

続いて、描きたい絵を読み込んでおきます。ここでは、「ほげ」という文字を書いてみましょう。中抜きにしておくと見やすいと思います。

fig2.png

あとは地道に、ドット(6mm角の青の正方形)を置いていきます。

fig3.png

まずは「ほ」ができました。

で、こいつをfig.svgとして保存したら、こちらのスクリプトを使ってWGexのレイアウトデータに変換します。

使い方はこんな感じ。

awk -f svg2gex.awk fig.svg > fig.gex

これでできたfig.gexをWGexで開くと、たしかにML2層で描いた絵になっています。

fig4.png

もちろんDRCもばっちりです。

ビットマップ画像から自動的に変換する

いちいちドットを置くなんてめんどいよ・・・という方は、ビットマップ画像をInkscape形式に変換するプログラムを使うと便利です。

詳しい使い方はおいおい書きますが、白黒二値画像をPGM形式で用意してこいつに吸わせれば、Inkscape形式のデータが出力されます。つまりWGexでも使える、ということですね。 というわけで、LSI上に、あんな絵とかこんな絵とかを描けそうですね!

あるいはビットマップ画像から直接WGexデータへ変換する手順も便利ですね→WGexの使い方/ビットマップ画像でお絵かき (2015/1/18:akita)

WGex形式からInkscape SVG形式への変換

(2015/8/13:akita)データ形式を変換するawkスクリプト(gex2svg.awk)を書いてみました。 https://github.com/akita11/mklsi/tree/master/Inkscape


添付ファイル: filepgm2svg.c 478件 [詳細] filesample.svg 379件 [詳細] filesvg2gex.awk 408件 [詳細] filegrid.png 428件 [詳細] filefig4.png 509件 [詳細] filefig3.png 513件 [詳細] filefig2.png 400件 [詳細] filefig1.png 534件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-13 (木) 07:48:07 (1441d)